地震を予報できれば被害を無くせる|地震大国の心得

メンズ

身の安全を確保しましょう

婦人

日本は地震大国ですから、いつ大きな地震がおそってくるのか分かりません。最近では科学的根拠に基づいた地震予想がされていますから、それらを参考にして事前に家族内の決め事や食料品の備えをしておく事が大切です。

危険とされている地域です

ヘルメット

地震予知の権威が次に大きな地震が起こるであろうと予測しているのが、関東地震のエリアになります。特に南関東にひずみが確認されているため、地震が起こりやすい状態になっています。備えをしっかりと準備することが大切になります。

知ることが大切です

男女

もし地震が来ることが事前に分かっていれば、安全な場所に避難をする等の対策が出来ますので、きっと被害も最小限に抑えられるでしょう。ですが今の時点では、地震がいつどこに来るのかということは、最新の設備などをもってしても分からないというのが現状です。ですから地震が来てから避難するしか有りませんので、避難場所の確保や持ち出し袋の準備などが、とても重要なポイントになります。ですが今は地震によっては、震源地から揺れが到達するまでの時間を割り出して、予報を出すことが可能になっています。予報といってもわずか数秒前という短い時間なのですが、いきなり揺れが来るよりもずっと避難がしやすくなります。ですから地震の予報が出た際には、いつどこにいてもすぐに知ることが出来るように、しておくことが大切です。

地震の予報が出たらテレビやラジオ、携帯電話、スマートフォンなどで、リアルタイムに受信することが可能です。テレビやラジオは放送中にすぐに画面や音声によって分かりますし、携帯電話やスマートフォンの場合も警報が鳴って知らせてくれます。ただしテレビやラジオの場合は電源がオフになっていると、地震の予報が出ても知ることが出来ませんので注意が必要です。緊急警報放送の場合は、自動的に電源がオンになるテレビやラジオは有るのですが、地震の予報の場合はその機能には対応していません。ですからテレビやらジオの電源がオフになっている就寝中などは、携帯電話やスマートフォンをそばに置いて地震の予報に備えることをおすすめします。

事前に知らせて減災させる

困る人

自然災害は相次いで発生しています。その中で、今地震を予知しようと観測が行われているのです。対象となっているのが、東海地震でしょう。予知は、海溝型の地震の方がしやすいといわれています。そのため、東海地震を対象に行われているのです。また、今使われているのが緊急地震速報です。警報で危険を知らせてくれます。